「NAB21」カテゴリーアーカイブ


NAB-21 1st STAGE!

2017トーナメントシーズンがいよいよスタートしました。

今年最初のトーナメントNAB-21 1st STAGEこのスタート時は気が締まりますね。

結果は49名参加で2位。3本/2860g

結果はこちら

土日、平日と全ての休みをプラに使い、広くチェックしたものの5日間連続デコ。。たま~に頂けるヒント?のようなものはあるけど、決定的なものは見つからず。

そんな状態だったので、この結果は素直に嬉しいです。

割りと早い時間に1本目が釣れたことで気持ちが楽になって、更に11時頃から吹いた爆風が神風となり、僅か5分程で立て続けに2本キャッチ出来リミットメイク。

プラから考えれば奇跡レベル(笑)

とりあえず次に繋げることが出来たので今後も練習あるのみ!

運営スタッフ、参加者の皆様お疲れ様でした。

 

ウチの専属カメラマンにスマホ預けていたらこんな画像が多数???

 


匠の技

今日も朝一から沼へと向かいかましたが、ちょっと寄り道してルアーを投げに行きました。しかし、残念ながら雰囲気も無く(生命感は当然ありません)時間も勿体ないので、すぐに釣りを止めて作業に取りかかることにしました。といっても午前中は材料を乾かしていたので比較的のんびりしてました。

すると昨日も来たお兄さんが暇で現れたので、働いて貰うことに。匠(自称)の技らしいです。。

今日は南の爆風の予報との事でしたが、午前中は全然吹かずお出掛け日和な感じ。

そのまま昼になり匠(自称1)が焼肉ランチに連れてってくれました♪

この人との毎年恒例?陸っぱり対決でもお世話になってる(お支払は彼(敗者)がします)お財布に優しい方の店ではなく、贅沢なお高い方へ。

入ってみると雰囲気が違い如何にも高級焼肉店。でもタレは同じ(笑)だけど入れ物が違ったり、器等も違って全体的にグレードUPな感じ。当然お肉も違い柔らかくてジューシーで旨かった♪

でも、ごはんがお代わり無料じゃないのはペナルティーですね。。トーナメントなら1kgペナ以上です。爪楊枝も違う(笑)テキサスリグに良さげな感じ♪古いかな。

因みに、お客も年齢層が高めで品のあるおじさまおばさまって感じの人が多かったです。値段は普通の外食のディナークラスにも関わらず満席状態でした。

そして沼に戻ってからのデザートデザート付のスーパーリッチなランチご馳走様でした!!

のんびりし過ぎたので午後から必死で作業してるのに、匠(自称1)はこんな感じでダラダラ更に、人のボートデッキを持っていきポジションを変えこんな感じ(気持ちよさそう…)

でも、日が傾き始めた頃肌寒くなり帰っていきました。。

そして、入れ替わりで来たのがコーヒーデリバリー♪

余裕の手ぶらでしたけどね。

そういえばこちらのブログで出てます車の車内ですが、既にゴチャゴチャしてましたよ!!こっちも匠(自称2)の技と言ってましたけど、それを維持出来ないと意味が…。ま~性格には敵わないってことかな(笑)

肝心な作業の方は、まだ微調整等必要ですけどお陰様で終わりが見えて来たのでようやく戦闘開始です。

とても設計図なしの現場で出たとこ勝負で作ったとは思えない仕上がり!これぞ匠の技!!(爆)

あ、リアデッキ付け忘れてる。。

匠の技の大安売り♪♪♪

今日は自称匠1と2の他にも数名の方々が立ち寄ってくれました。有難う御座いました!

そして、NAB-21の2017トーナメントスケジュールも発表になりました。

こちら

初戦は3月中旬と昨年とほぼ変わらず。時期的に厳しい試合となりそうですが、しっかり練習して挑むつもりです。。


NAB-21 FINAL STAGE!

プラは3連休の2日間と直前の金曜日に入りました。

10月始めは、キロから上の魚は自分にとって非常に難しい印象でしたが、500gベースで700~1kgまではポロっと混じり比較的様々なエリアで何を試しても反応がある感じでした。

しかし、3連休になる頃はかなり様子が変わり、反応に明らかな変化が。

一番は巻きへの反応が・・・というか横への反応がかなり悪くなってました。でも巻いて喰ってくる魚はアベレージよりサイズが若干良くてコンディションも良かったんですよね。。滅多に釣れないけど・・・。ま、そんな感じ。

そして、最後の金曜日プラ。人は少ないですが、それなりの方々がコッソリ来てましたね。

朝から風がそこそこ吹いてたので早くから出てまず驚いたのが水温。3連休の時21℃位あったのが17℃台まで落ちてました。(当然流入は更に低いです)この時点で予定の練習プランを一気に変更して練習しました。

この日の釣りを終えヤバいと思ったエリアは捷水路と新川。(共にそれらのエリアでは魚は釣ってませんが・・)あと、各流入も水温が低いけど魚居るな~っと。

こんな感じでエリア、釣り方等煮詰められずに試合当日を迎えました。

簡単に言えば全く見えてなかったんです・・

朝準備してると前日は捷水路がかなり釣れ釣れだったと怖い会話が聞こえてきたりしたけど気のせいにしときました(笑)

スタートして向かったのは流入。後続のボートを見ると北方向へブッ飛んで行くボートが多数。

とりあえず目的の場所まで1番で到着したけど水が超白濁、上へ行くとターンもしてる感じでブクブク。

朝は釣れたらラッキー位でいたので気になるスポットをウロウロしながら暫く粘るもののノーバイト。時間を掛けすぎるとハマりそうだったので8時位に移動。途中、吐き出しを少し見て、本湖を見て新川へ。この時8時半頃かな?

新川チャプターエリアをチェックしたけど風無いし「違うな」って感じたので阿宗橋方面へ。どこもピンと来なくて下流方面へ。

デッドスローで航行中、ちょうど水温も上がるタイミングで、朝から護岸やってた選手がツラくて具合悪くなってるんじゃないか?と思い立ち寄るとズバリ予想的中!(爆)

ギブアップな表情をしてたのが2人いて、おまけにノンキー地獄らしく・・・

天候も味方して良い感じがしたので入れ違いでキャストしたけどノンキーどころかノーバイト。

ボートの往来がなくなった頃、以前に見つけたピン?に移動してドライブシュリンプ4.8″の7gビフテキで探っているとラインが「ギューンッ!!」走るバイトが。すかさずアワせたけどラインが張った時点でノサれてる状態。一瞬レンギョ?と思ったがレンギョ程の大きさじゃない感じだし、だけどラインが「キュンキュン!!」いっちゃってて止まらない。デカ鯰(日本かアメリカ)だと思いながら引きに耐えてると一瞬頭が向いたのでゴリ巻きしてこちらを向かせたらギラッとバスの側線・・。「デカッ!過ぎないか??」と思いながら必死で寄せてランディングしようとしたら、魚が太くてネットの枠に引っ掛かって入らなくて大変でしたが無事キャッチ!すぐにライブウェルに入れ1本目「はい2kg♪」

こういう怪獣が居る所って単発のイメージしかないし、時間に余裕もないのでそのスポットに長居せずにさっさと移動。今考えると恐ろしい位冷静な判断が出来てました。。

リミットメイク最優先に切り替え、エリアと釣り方を変えてやってると600g位キャッチ!その後28、29cmや20cm位のを数本。11時を過ぎると太陽が出てピーカンで釣れない感じになり、時間だけが過ぎていきました。最後の勝負に行こうかと悩んでいた12時過ぎ、ドライブクローラーのネコを普段の倍位時間をかけて探ってると待望のバイト。500g位をキャッチしてリミットメイク!そのまま終了。

 

結果3本/3710gなんとか勝てました♪

NAB-21 FINAL STAGE結果はこちら

 

そして、例の魚は窮地を救ってくれたモンスターフィッシュ!!

たまたまなんですけどね。。

季節の変わり目で、日替わりで変化する沼に対して、見えてないなりに広範囲を浅く広く見ていたのが結果として良かったかと思います。

2016シーズンのトーナメントはこれで終了です。NAB-21の年間成績は4位でしたが、1戦コケたのを考えれば上出来ですし、トータルウエイトは唯一12kg越えてトップだったので冷や汗ものですが面目は保ったかと。。

来年はNAB-21 AOY奪還しなきゃ!!

 

長い文章にお付き合い下さり有難う御座いました!!