千葉チャプター

6月の頭にはナブがあるので、沢山練習したいのですが、土曜出勤多くて無理。更に日曜は…チャプターが2連戦。比較的大きいトーナメント開催中って練習やりにくいんですよね。仲間達も出てるし。。

基本的にエリアがバッティングした場合、トーナメントの参加選手にエリアの優先権を持つものと考えてますし、JBNBCではルールブックにも載ってます。

ただ、トーナメント団体によっては曖昧になってしまう部分だし、後から声掛け無しに強引に入ってくる選手(時々プライベートの人で凄いのもいるけど…)もいるので、最終的に個人のモラルの問題になると思いまますが。

その点、チャプターの選手はエンジンベルトで判断出来るので分かりやすいですよね。

ま、そんな理由もありつつ練習がてら久々に千葉チャプターに参加させて頂きました。

その前に、このタイミングで沼の入漁券の年券更新したり、信号紅炎買ったり、エンジンベルト買ったり…

釣りの方は、数日前に午前中だけ出て、ざっくり全域チェックしたものの、簡単ではない感じ。釣れるのはこんな感じのキロ前後。他に確認したのも同サイズで、当日これをやらなきゃならないの?1500gはいったい何処??そんな感じのプラでした。この魚は元気みたい。。

そして当日、60名の参加で会長もご満悦。千葉チャプターはくじ引きでフライトを決めるのですが、最終フライトで良かったのに、こういう欲が無いときって第1フライト引くんですよね(笑)

正直何処行く?って感じ(笑)

そんなことを考えながら、出ようとしてサングラス掛けたら…テンプルの蝶番が折れました。。普段有り得ないことがトーナメントって起きますね。

今回新川は最初から、釣れる釣れない関係なく切り捨てていたので、先ずは本湖界隈から。10時頃までやって3バイトで1本キロ位をキャッチ。その後、状況に変化も見られないので、魚を確認したエリアに移動。しかし、雰囲気が違うのでスルーして他のエリアをウロウロしたけどそのまま終了。

結局1本だけ。1100g位。
後ろの朝から人騒がせな寸止めおじさんは気にしないで下さい。

千葉チャプター第2戦

ナブまでに色々考えないとダメですね。

スタッフ、選手の皆様お疲れ様でした。